高い服を着ていても、それを着る人が魅力的でないと意味がない

洋服は安いのから高いものまで色々あります。でも、洋服よりもそれを着る人が重要になってきます。たとえ高い洋服を着ていたとしても、中身の悪い人が着ると、素敵に見えません。逆に、安い服でも、スタイルが良い人が着れば格好良く見えます。だから一番大切なことは、服を着る人(中身)です。中身の悪い人が高い服を着ると、その服が可哀想に見えます。このことから、人間中身やスタイルを磨くことはとても大切です。

指輪やネックレスなどのアクセサリーも同じです。それを付けている人が格好良い人でなければ、アクセサリーもよく見えません。逆にアクセサリーがいやらしく見えてしまいます。良くテレビとかでも見ますが、太った金持ちが高い服や指輪などをたくさんしていると、良い印象が持てませんよね。逆に悪い印象を抱いてしまいます。やっぱりそれに似合った人がしないと、アクセサリーの良さが出ません。

以上の事から、高い物を身につけていても、それに似合う人間でなければ意味がないということです。人間、安い服とかでも良く見えるように、外見や中身を磨くことが大切だと思います。ウエスト ダウン サプリメント