映画館で観たいと思う映画が少なくなってしまった

一時期、映画館からは足が遠のいていたのですが、最近では月に2本くらいの映画を観に行くようになりました。
やっぱり大きなスクリーンと迫力のある音響というのは魅力的なんですよね。
自宅でゆっくりとくつろいで観る映画も良いものではありますが、やはり劇場で観ることに慣れてしまうと物足りなさを感じたりすることもあります。
私の場合、いつも観たい映画の上映前にある予告編を観て、次に観る映画を決めることが多かったりします。
しかし、最近は頻繁に映画を観すぎていて、だんだんと観たい映画が少なくなってきてしまいました。
別に観たい映画がないなら映画館に行かなければいいのではないかとも思うのですが、なんとなくもう習慣のようになってしまっています。
そんなに次から次に話題作が出るわけでもないので、それも仕方のないことかもしれません。
でも、妥協して選んだ映画というのは期待はずれだったということも多いので、とても悩ましいところです。
もしかしたら、ここらへんで一旦間を開けて、またフレッシュな気持ちで観に行くようにしてもいいのかもしれません。